木の家づくり

たのしい

「家」というものを、カタログをみて、自分たちのイメージのなかで想像し、いくつかのプランから選択し、買う。

大手ハウスメーカーの台頭から、そんなふうに「家を買う」という風潮が主流になりつつある昨今。

しかし、実際に買ってみた後、そこに笑顔がありますか?

営業マンとのやりとり、設計側との矛盾、施工での不満、最初だけがハイクオリティの薄っぺらい性能...etc。

でも、それ以上に「大手だから安全・安心」という、魔法の言葉のような引きかえがココロを惑わせます。


建築は楽しいものです

そして「家づくり」は当然にもっとも楽しいものです。

確かにつくるまでは苦しいです。

どこに頼む、あの展示場のあそこが良かったなぁ、間取りはこうしてあっちはこうして、ローンは月々これくらいだから...etc。

私たちはこれを「住まい建てたい建てたい病」と呼んでいます。

本当の苦しみはそんなことではなく「自分たちの器」に対する思いの丈を考えぬいて、貫いていく決断をする準備が苦しいのです。

それをのりこえると楽しい「家づくり」がはじまります。

2次元(間取り)3次元(空間)4次元(色・光調)デザイン、第6感を刺激するような「設計」というのは、建築家の仕事です。


あんぜん

自分たちの生活のスタイルにあわせ、かつ、自然界、環境への配慮も忘れません。

木の家にこだわり、木に囲まれた生活。

 通風や採光そして色彩の工夫で、冷暖房を含めたエネルギーを最小限に抑えることが可能だからです。


建築は自由であるものです

 パッシブソーラーなども含め、しかしその一長一短ある機能や名前(システム)などに拘らずに、

フリーハンドで備えることが出来ること。

偏った考え一辺倒にならないことが重要です。


ただしい

小さな工務店や大工さんが大手ハウスメーカーに適わないものはなんでしょう?

やはり価格でしょうか?それとも安心感でしょうか?それともデザインでしょうか?

いやはや、そのすべてでしょうか?


ホンモノは決して贅沢ではありません

この価格ならお客様に認知していただける。それがフェアプライスです。