家づくりの流れ

土地を見る

 フランク・ロイド・ライトは「先ず土地を見よ、すべては土地が教えてくれる」といいます。

絶対に動かない土地、まわりの環境、月のあかり、潮の匂いなど「地味」が設計の基本。

土地の地盤なども調べます。


box bioを見る

人の家を見ると、自分の家はどうありたいか見えてきます。自分らしい家を生むために、是非、box bioを見学ください。

いままで施工された施主さんのご好意により見学いただけます。


プランをつくる

プランは土地によって、家族によって、予算の掛け方によって異なります。

その条件と制約を踏まえ、最良のプランをつくるのが建築家の仕事です。

毎回、生みの苦しみを伴います(苦笑)


プランを検討する

設計は、ゆっくり時間を掛けます。机上で、どんな生活が実現されるのか、ああでもない、こうでもないと検討します。

この後、本格的な作業に入りますので、ここで「設計契約」を締結します。


予算をたてる

誰も有り余るお金を用いて家を建てるわけではありません。月々のローンの支払いはどうなのか、ムリなく計画します。

家だけが人生ではありません。


契約を結ぶ

予算が決まったら、設計契約金を加えた全体額による「建築工事請負契約」を結びます。

お互いのルールとなるもので、正式に工事の完成に向かってスタートします。


着工する

縄張り・遣り方を行って、先ずは地盤から着工します。

地盤調査の結果から最適な地盤をつくり、いよいよ基礎工事です。


上棟する

基礎に土台をすえると、待ちに待った上棟です。

全体のカタチがはじめて顔を見せます。工事の無事を祈って、棟のてっぺんにのぼり、上棟式を行います。

地域によっては、餅まきなどもします


竣工・お引渡しする

建物が竣工すると、立会いのもと、お引き渡しのチェックを行います。

無事、了解が得られましたら最終金を納めていただき、カギをお渡しします。

火災保険なども移行します。


お手入れ・メンテナンスをする

メンテナンスフリーがいわれるようになりました。

けれど、人が毎日顔を洗い、歯を磨き、お風呂に入るように、住まいもお手入れしてください。

その善し悪しで、box bioの寿命は大きく異なります。