opqr-s !


住まいは「家族の器」
大地は運ぶことはできません。
そこにしかない「地の利(景色や町なみ、など)」を使わせていただき、自分たちらしさをカタチにして提案する。
そうしてひとつひとつ生んできました。
丁寧に、丹念に、少し時間はかかってもココロと手を尽くす、そんな思いが、opqr-s !

o Opened price 開いた価格

お金をたくさん出せば、いい家になるとは限りません。
お金をかけるほど、俗悪な家になることがあります。
 建築家のアントニン・レーモンドは、建築の経済性とは「決して安くつくるということではない。何事も無駄にしないということだ」と言います。
 それぞれの予算には、自ずから限りがあります。限りある予算をいかにバランスよく使うか、それが開いた価格のあり方。
p Performance of trust 信頼の性能

家の性能は、安全・健康・安心が基本。
 建物の耐震・耐久性は、地震や台風などから家族と財産を守ります。バリアフリーな設計は、高齢者や障がいをもつ方だけでなく、みんなの生活の安全と結びついています。
 人の一日の呼吸量は13,000リットルにもなります。揮発性有機化合物を含んだ建材は、室内の空気を汚し、健康を蝕みます。木・土・紙などの自然素材を多用し、空気がおいしく、冬暖かく、夏涼しい家をつくります。
 断熱・気密を高め、太陽のチカラと風のチカラを利用すること。それも信頼の性能。
q Quality of Life 自分たちらしい生活の幸せ

自分たちらしい、とはつまり循環型社会に配慮すること。
 循環型社会とは、すでに地上にあるものだけで循環させることをいいます。この主役となる素材は、何といっても木です。50年かけて育った木は50年生き続ける家に、100年かけて育った木は100年生き続ける家にすれば、その間に、木は更新・再生されます。鉱物資源は無尽蔵に掘り出すことはできませんが、山が健全に保持されれば、木は、繰り返し再生され循環されますそして、木の家が生き続ける限り、二酸化炭素は柱や梁、家具などに固定化されます。さらに、廃棄する場合には、木は大地に還ってくれます。自然素材は、みんなそういうふうになりたっています。人間社会ではあまりにもこうした配慮が足りませんでした。
 自分たちらしい生活の幸せの仕組みづくりに取入れたいもの。
r Refined design 洗練されたデザイン

そもそも【洗練】とは何なのか?
 一時の流行ではなく、家は長い好みにこたえることが必要です。
 出来るだけシンプルに、飽きのこないデザイン。それが洗練されたデザイン。
s Self-build 自分たちで創る

 「買う」という概念は、時間とともに陳腐化させ、次の流行を仕掛ける車や洋服で使われる概念です。家は買うものではありません。
 自分たちで創ると、成り立ちがわかります。成り立ちがわかると愛着が生まれます。家の価値は引き渡したときが一番良い状態ではありません。傷がついたり、汚れたり、日々家族とともに成長していきます。いろいろなことがあって価値が高まっていく、それが自分たちで創るということ。