box bio

ぼっくす びお


「ローコストの商品化の家が嫌い。お金がないならないなりに清々しい住まいをつくりたい」

 「ローコスト」を標榜するハウスメーカーの「造り」は、装飾を凝らした階段の手摺であったり、擬似大理石の玄関ホールであったり、紛いものが少なくない。「貧」を隠そうとしして、かえって「貧」に陥っている。
 大手のハウスメーカーの家も、最近では「エコ」を強調しているが、その時々のトレンドを追い続けるのが慣わしで「商品化された住宅」は、日本の車がそうであるように、結局は、陳腐化を余儀なくされる。彼らはバブル時、全館冷暖房を謳歌していたのだから。
 それがつまり「ローコストの商品化された家」なのである。では「清々しい住まい」について考えてみよう。

 そこで「生活する」ということをまず考え、時間がたつにつれその「箱」に何がおきるかを事前に考える。もとになるのは、そう「設計」である。

「建物を単に空間的な構造物としてとらえるのではなく、時間という要素を考えに入れ、この世界に生まれ、様々な成長を遂げ、やがては死に至る存在としてとらえなおす」それが「box bio」というデザインである。
 そして「成長し、成熟するためには、建物は長寿である必要があり、そのためには強靱な構造が不可欠である。屋根はもちろん傾斜した方がよく、できるだけ軒が深い方が壁を風雨や太陽から保護できる。壁は構造とは独立している方が保守管理が容易である」これが商業的な200年住宅ではない「box bio」という設計。

 人が思いを詰め、人の手に掛けたもの。十分すぎるほどに思いを巡らせ、こだわりを持ち続け、職人衆のチカラを結集し、それをカタチにする。それが「box bio」の現場。


 眩いばかりのシャンデリアが、裸電球一つにかなわないことがある。 欲しいのは器具ではなくて、明かりそのもの。
本質を見極めようとする目が、何より重要。
 そう、それが「清々しい住まいをつくる」ということである。それが「box bio」。