施主奥様新潟へ

15日午後3時。先日殻殻スタッフがガソリンを運んだその燃料で、仙台の施主奥様が新潟に入りました。緊張と安堵のその姿は本当に心が痛みました。旦那様はいまだ仙台。仕事先周辺はほぼ元通り(ライフラインもokとのこと)で、被災地の被害の大きさの違いがこれからの復旧、復興のスピードがまったく違う流れですすんでいかざるを得ないのが現実。苦労と緊張の日々はまだまだ続きます。奥様も離れたところでの緊張と苦悩、これもまた現実です。まずはゆっくりと寝てください。寝ても寝ても寝たりないと思いますが、まずはゆっくりと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください