猛暑続くなかのコンクリート工事

新潟も猛暑が続く日々。
暑いなかのコンクリート工事は本当に汗だくです。下からの照り返しもあり、45度以上の体感気温になります。これが所謂3Kの現場です。

でも誰かが作業をしなければ建物はつくれません。職人「さん」がいて、ナンボです。

事務所で線引くだけでは、建物は出来ないですから。

「さん」がつく手仕事の現場人を大事に。これもいま「建築」がしなければいけない本当の仕事。