誰もいままで経験したことのない、そのため参考書も、手本もないテーマ。

僕たちが、ただただ自分たちの内面と対話し、オモイをカタチにすることを試みる。

ささやかでも、心からの、いや、もっと深いところからの、これは「表現」。

それが僕らのBe – project”


4/3から、殻殻ふぁくとりーが新しい挑戦をはじめています。