ガソリン

朝午前6時すぎから3箇所の避難所へ。お米15kg、水1箱、1つずつを炊き出しの方々へ手渡し。

前回はあまり見かけなかった小さいお子さんが結構多い。そしてあやしても泣き止まないお子も。相当なストレス。

まだまだ高ぶっているアタマと疲れが溜まってきているカラダ。そして晴天の月曜日。無理が一番の敵。

スタンドには長蛇の列。片側2車線のところは気を付ければいいけれど、1車線のところは上下線ともに片側通行。警察官が誘導も。そしてこれがどのスタンドでも。長いところではざっと1000台程度。2~3kmあたりまえ。

仙台市内でも10リットルルールがとられているので、それでも昨日6時間待ちで10リットルに並んだ、という話も聞く。

道路のゴミ多数、少しずつモラルも低下かな。そして道の駅をはじめ、パーキングでは行き交う人たちの顔の違い。これから入る人は笑顔、出る人はひきつった顔。一目瞭然。

また一夜が明け・・・

仙台市青葉区内では少しずつですが、復旧の兆しが。

電気が来て、携帯電話はイマイチながらも以前よりはつながることも増えてきました。

携帯メールもだいたい通じます。

電気が来たので家庭の固定電話がつながるかと思いきや、こちらはほぼダメ。

インターネットもまだつながらない。

wi-fiでもまだむり。

メールが復旧した途端、被災者の不安をあおるようなデマのチェーメールが多発。

避難所では、子供たちのストレスがたまってもう限界。夜中も泣き叫んでいる状態。

給水車がようやく到着したものの、全然足りてない。

電気が復旧したことで、閉めていた商店なども片付けを開始。

自衛隊も到着。

今日は月曜日。

会社に出勤される方もいるようですが、

何といってもガソリンがない。

スタンドは大混雑。そして売り切れ。

いつ入ってくるのかもわからない。

まだまだ復旧活動も始まったばかり。

訪仙 つづき

山形県内、電気はほぼ復旧した模様。

でもスタンドは品切れなのか、夜だからか、どこも開いていない。

14日0:30 仙台市内到着。

こちらも電気が復旧。

暖が取れます。

まずは一安心。

とはいえ、午後には雨になるとか・・・。