エチオピア・モカの入荷

エチオピア・モカが入荷! って喫茶店じゃないんですが。。

殻殻の事務所は珈琲には拘っていまして・・・生豆を買付け、自家焙煎して、生鮮飲料として飲んでます。

いちいち手がかかりますし、掃除も大変です(笑)。

が、この至福のひと時は、コイン入れてポンっや、違いがわかる珈琲の粉にお湯を注いで飲むのとはいささか違います。

さて、最近はめっきり入国してこなかったエチオピア・モカ。「モカ港」という今は亡き地名からモカコーヒー。

10kg。こんなに大量買いで、事務所の珈琲代金としてどうなんよぉ?という声も・・・。

浅くローストすると酸味がきついから少しきつめに焙煎。奥深い甘みが特徴で、はるか昔から遠く遠く、ラクダが運んだ珈琲。

中東のデモがはやく良い方向へ、と願いながら、まず1杯。

どうぞお気軽に事務所へいらしてくださいね。

下町巡礼0222.11

今日の巡礼水沢のパン。

水沢製パン所。新潟市上大川前10 (tel:025-222-6587)

食パンに惣菜パン、いろーんな種類が「少しずつ」なのである。

そして勿論「瓶の牛乳たち」も当たり前のように陳列されてる。

かなり年季のはいったパン所。たしかにパン屋なんていうこじゃれたところは微塵もないのである。

「パン所で悪いか!」と言いそうな、ごっついオヤジはいなくて、すんごい愛想のいいおばちゃんが店番でしたぁ。

で、レーズンバター・チョコパンを購入。

レーズンバターのパンって、、、、最高の幸せですね。

夜の呑み屋で「レーズンバターパンの盛り合わせ」が出てきたらサイコーでしょ。

レーズンパンをしっかり焼いて、ミミをおとしてるから、外側の乾燥がこりゃまた微妙な(笑)外はかりっと、中はしっとり。

どんだけ手が詰まってるんだ!って感じです。パンを出しっぱなしで乾燥したのとは訳が違います。

チョコは・・・・女子がニヤニヤしながら食べてます。

ではまた次回の巡礼を。

下町巡礼0221.11

殻殻のポスティングついでに、下町巡礼のお散歩も。

明治・大正歴史の建築とデザイン。

バラック建築のすごさ。

そして、やっぱり猫が好き。のシモマチ巡礼。また次回。。