ルームシェアとの違い


 シェア住居は一部の設備を他の入居者と共同で使用するという特徴が似ている事から、よくルームシェアと混同されている場合があります。では、ルームシェアとしぇあはうすでは何が違うのでしょうか?


 最大の違いは「運営に責任を持っている殻殻ふぁくとりーが存在する」という点です。【以下、殻殻を管理人といいます】

ルームシェアは友人・知人と住むのが一般的
  ルームシェアは、友人や知人同士で一緒に部屋を借り、
 敷金・礼金・家賃なども頭割にするのが通常です。
  家電や消耗品等の備品も自分たちで用意します。基本的
 に管理は業者ではないため(最近では業者管理のところも
 ありますが)、問題が起きたときは自分たち解決する必要
 があります。
  また、誰かが退去した場合、新しいルームメイトは自分
 で探さなくてはいけません。懸念点として、友人同士なの
 で、ライフスタイルのギャップやパートナーの出現により
 崩壊する可能性が大きいこと。
  ネットなどを通じてルームシェアの相手にまったくの他
 人を選ぶと、審査がないために危険性が高いことなどがあ
 げられます。

他人同士が集まるしぇあはうす
  一方、しぇあはうすは募集と管理は管理人が行い、問題
 が起きた場合の対応も基本的には管理人が間に入ります。
  礼金・敷金はなく、一定のデポジットのみで契約できる
 上に、家電・消耗品等はあらかじめ設置されていますし、
 修理も管理人負担で行われます。